ブログ

catch-img

金属加工の現場でアルカリ性電解水が活躍!?知られていないアルカリ性電解水の特徴・効果を紹介!

金属加工の現場でアルカリ性電解水が活躍!?知られていないアルカリ性電解水の特徴・効果を紹介!


汚れがよく落ちると話題のアルカリ性電解水。

アルカリ性電解水は100円ショップでも販売されていて、一般のご家庭でも日常的に使われています。

そんなアルカリ性電解水ですが実はあまり知られていない特徴や効果が他にもあり、その内容から金属加工の現場で様々な用途での使用が期待されています。


◆アルカリ性電解水の特徴・効果 

早速アルカリ性電解水の特徴・効果について紹介しようと思いますが、ここで1つ注意点があります。

電解水の生成方法は主に薬剤を希釈して作る方法と、水と塩を電気分解して作る方法があります。

今回紹介する特徴・効果は、後者の「水と塩を電気分解」して作られたアルカリ性電解水の特徴になります。


水と塩を電気分解してできたアルカリ性電解水には、4つの特徴があります。

・油脂分を乳化し分解する

・還元力が強く防錆作用がある

・浸透性が高い

・バクテリアが繁殖できないため水が腐敗しにくい。


それぞれ紹介していきます。

目次[非表示]

  1. 1.◆アルカリ性電解水の特徴・効果 
    1. 1.1.油脂分を乳化し分解する 
    2. 1.2.還元力が強く防錆作用がある
    3. 1.3.浸透性が高い 
    4. 1.4.バクテリアが繁殖できないため水が腐敗しにくい 
  2. 2.◆アルカリ性電解水の導入が期待されている提案先 
  3. 3.◆アルカリ性電解水の導入の注意点 
    1. 3.1.素材によっては錆が発生する 
    2. 3.2.アルカリ性電解水を生成できる装置が必要 


油脂分を乳化し分解する 

乳化とは、油や水のように本来混ざり合わないものが均一に混ざり合う状態の事を指します。
水道水だと通常は油脂分と混ざり合わないので洗剤を使わないと油汚れを落とす事はできませんが、アルカリ性電解水であれば洗剤を使わなくても油脂分を乳化し分解する事ができます。


還元力が強く防錆作用がある

「錆び」という現象は一般的に金属が電子を放出してイオン化する事を言います。これを「酸化」と言います。

「酸化」の対義語として「還元」という言葉があります。「還元」は逆に電子を受け取る事を言います。

アルカリ性電解水はこの「還元」する力が強く、防錆としての効果もあります。


浸透性が高い 

水の分子が水道水に比べて半分以下の為、浸透力が非常に高くワークの熱変形の抑制、工具の摩耗低減に効果があります。そのため工具の寿命が延び、交換サイクルが長くなるので工具購入費のコストを低減する効果が期待できます。
また、浸透力が高いからこそ冷却性にも優れ、加工条件を上げて生産力の向上を実現する事も可能です。


バクテリアが繁殖できないため水が腐敗しにくい 

水溶性切削油の希釈水として使用する水は水道水が一般的ですが、「水溶性加工液」は腐敗するため定期的な入替が必要になってきます。また、腐敗すると悪臭の原因にもなり仕事環境の悪化にも繋がります。
対して、アルカリ性電解水中ではバクテリアが繁殖できないため水が腐敗しにくいです。

そのため水溶性切削油の希釈水にアルカリ性電解水を使用すると定期的な入れ替えを行う手間が省ける他、悪臭・雑菌対策としても有効です。

素材が水と塩でできているので環境にも優しく、使用後の廃液はそのまま排水が事できるので、廃液処理にかかる手間・コスト・SDGSの面でもメリットがあります。


以上の事から、金属加工の現場で様々な用途が期待されています。


◆アルカリ性電解水の導入が期待されている提案先 

アルカリ性電解水を導入するお勧めの提案先としては、主に以下が挙げられます。

・自動車メーカー:工具研磨

・自動車部品加工:旋盤

・継手メーカー:旋盤

・刃物メーカー:旋盤・MC

・輪転機メーカー:旋盤・MC・平研・円筒研磨

・歯車メーカー:ホブ・ラック盤・旋盤

・工作機部品加工:平研・円筒研磨

・精密部品加工:旋盤・MC・平研
・ネジ製造:転造

など



◆アルカリ性電解水の導入の注意点 

アルカリ性電解水は金属加工業界において導入するメリットが多いですが、注意点もあります。

・素材によっては錆が発生する

・アルカリ性電解水を生成できる装置が必要


素材によっては錆が発生する 

弊社が独自でテストを行ったところ、加工する素材によっては錆が発生する事を確認しております。
現在確認できた範囲だとアルミには錆が発生しました。

素材によってはアルカリ性電解水の導入が難しい場合もありますので、検討される場合はアルカリ性電解水に加工素材をドブ漬けして確認するなどテストする事をお勧めしております


アルカリ性電解水を生成できる装置が必要 

アルカリ性電解水は100円ショップでも販売されていますが、工業用で使用するとなると大量に必要となってきます。

電解水を生成できる装置は多数のメーカーから販売されていますが、ほとんどの場合は酸性電解水のみ生成が可能で、アルカリ性電解水まで生成できる装置はごく少数です。

今回紹介した特徴・効果はアルカリ性電解水のもので、酸性電解水は除菌・消臭など異なった特徴・効果になってきます。

導入される場合はアルカリ性電解水を生成できる装置を選ぶ必要があるので注意が必要です。


弊社では酸性・アルカリ性電解水どちらも生成可能な電解水生成装置の無料トライアルも実施しております。

資料請求や無料トライアルの申込はお問い合わせページより可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

除菌・洗浄のコスト削減と効率化を
「電解水」で実現しませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:00~17:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
製品に関する資料を
こちらからダウンロードできます

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧